ぺあもーるTOP 生活専門 クリーニング ニュータウン インタビュー記事

クリーニング ニュータウン

  • 店舗トップへ
  • インタビュー記事へ

50年間アイロンをかけ続けています

店主アイコン『ニュータウン』店主 井上惣ノ吉

top02.jpg

今回ご紹介するのは、ぺあもーるオープン当時からある、個人クリーニング店『ニュータウン』です。店主の井上惣ノ吉さんは、この道55年のクリーニング師。柏町の本店に行くと、シュー、ポコッ、シューというアイロンがけの音が聞こえてきます。カウンター越しには蒸気につつまれた井上さんが服一枚一枚に丁寧にアイロンをかけている姿を見ることができます。

<店舗情報>

01.jpg

営業時間 9時半から午後8時まで
休み 第二第四木曜日

毎月、第四火曜と水曜はクリーニング料金2割引
ポイントカード
300円で1つ/30個たまると500円引き
土曜日 ポイント2倍

もくじ
  1. 18歳のときからクリーニング店で修行をはじめる
  2. 24年間親戚の店で働いた後に独立
  3. シミの種類を見極める 〜ドライクリーニング〜
  4. 仕上げのアイロンがけは私の仕事
  5. 10年くらい風邪をひいていない
  6. お客さんが納得してくれるのが一番うれしい
  7. シミを落とすの漂白剤はNG
  8. 最後に

18歳のときからクリーニング店で修行をはじめる

本日はよろしくお願いします。ところでコート、ダウンがたくさんかかっていますね。

今年は冬物が一ヶ月ずれたからね。ニュースでも「4月はまだ寒いです」と言っていたこともあったし。その影響でしょう。

では早速ですが、自己紹介をお願いします。

井上惣ノ吉(そうのきち)70歳です。

このお店はいつからやっているのですか。

このお店はぺあもーるがオープンする2年前、プレオープンの時に開店しました。なのでもう30年以上になります。

お店を始めたきっかけは何ですか。

親戚がクリーニング店をやっていたのです。それを見ていて「手に職」というのはいいなと思いました。僕も「手に職」をつけようと18歳からそのクリーニング屋さんで働き始めました。

04.jpg

14年間親戚の店で働いたたあとに独立

自分のお店を開くまでのことを教えて下さい。

親戚のクリーニング屋さんでは14年働きました。そこでクリーニングの技術を身につけ、自分のお店を幸町にオープンしました。その後、住居も兼ね、柏町に移転しました。

ぺあもーるができたときにこちらの店舗をオープンしました。

ぺあもーるの店舗は服の受け渡し窓口になっています。洗い、乾燥、仕上げは柏町のお店でおこない、こちらに運んできます。

スタッフさんは何人いらっしゃるのですか。

私と妻とパートさんの3人です。柏町のお店が2人、こちらは1人です。4,5,6月の忙しいときはアイロンがけの職人さんにも手伝ってもらっています。

どのようなお客様が多いですか。

お客様は常連さんが多く、旦那さんのカッターシャツ背広などを持って来られる方が多いです。

シミの種類を見極める 〜ドライクリーニング〜

基本的なことなのですか、そもそも、クリーニングってどうやってやるのでしょうか。

洗い、乾燥、仕上げの手順で行います。

洗いの前に、まずは素材を見極めます。カシミアかアンゴラかなどの種類によって洗い方が変わるからです。汚れの箇所を一点一点目で確認し、シミの種類を見定めます。

シミの種類ってなんでしょう。

たとえば、食べ物の汚れのようなタンパク質のシミなのか、汗染みのような、油汚れなのかということです。シミの種類に応じて使う薬剤がちがいます。

55年もやっているとだいたい見れば何のシミかわかるようになってきます。

そのシミに薬剤をつけて、専用の洗濯機で洗います。洗うときは、色や素材で分けて洗います。アンゴラやカシミア素材のものはネット入れ、回転を弱くして洗っています。

ドライクリーニングというので、昔は、空気でどうやって汚れを落とすのだろうととても疑問に思っていました。

05.jpg

ドライクリーニングはドライゾルというナフサから精製される有機溶剤で洗っています。最近、一般用にも販売されている横型のドラム式の大きいものを想像して下さい。あのような形のもう少し大きな洗濯機で洗います。

クリーニング屋さんから返ってくると独特の匂いがします。それはその溶剤のにおいなのでしょうか。

それはもしかしたら乾燥をしっかりしていないからかもしれません。乾燥をしっかりすれば匂いは残らないですよ。

そうなんですか。では次の行程ですね。

次が乾燥です。洗ったものを乾燥機に入れ、ボイラーから直接送った蒸気で乾燥させます。品物によって違いますがだいたい15分くらいです。

仕上げのアイロンがけは私の仕事

06.jpg

次は仕上げですね。

仕上げとはアイロンがけのことです。洗いや乾燥は妻にも手伝ってもらっていますが、仕上げは私にしかできません。

1枚仕上げるのにかかる時間はスラックスで1分くらいです。家庭で使っているようなアイロンと違って、蒸気を出しつつ吸い込みもしているので仕上がりがぴちっとなるのです。

ボイラーから直接送った蒸気を使用しているので、蒸気に包まれて、特に夏はもう言いようのない熱さです。

10年くらい風邪をひいていない

ところで休日は何をして過ごしているのですか?

妻の実家の裏山を歩いたりしてのんびり過ごしています。

仕上げを行うのが私だけなので、体調管理には気をつかっています。おかげでここ10年くらい風邪をひいていません。

お客さんが納得してくれるのが一番うれしい

03.jpg

仕事をしていて嬉しいと感じる瞬間を教えて下さい。

お客様が服を受け取りにいらっしゃったときです。きれいになった服をみて、お客さんが納得してくれたときが嬉しいです。

他のクリーニング屋さんに出したのに落ちなかった、といって服を持ってくる人もいます。「井上さんのところなら落としてくれるんじゃないか」って。

どうしてそのように期待していただいているのでしょうか。

チェーン店なら落ちなければ落ちないで、そのままお客様にお渡ししてしまうところもあるようですが、うちでは諦めず落とします。

先ほどお話しした「洗い」の行程で、素材に適した溶液をつけて洗うのですが、落ちなければ他の方法で、服自体が傷まないようにして、落ちるまで洗います。

また、こちらのチェックもれで気付かず、落とし残しのシミがある場合もあります。そういった場合はもう一度お預かりしてしっかり洗いなおしています。

シミを落とすのに漂白剤はNG

02.jpg

家庭での洗濯について何かアドバイスがあればお願いします。

シミがついてしまったときの対処法ですが、漂白剤をつけるのはシミを落としているのではなく白くするだけなのでシミは落ちていません。

ワイシャツなどですと元が白いから漂白剤で白くするのはいいと思います。でも実はシミが落ちているのではなく白くしているのです。

注意するべきなのは色物などです。漂白剤を使ってしまうと白くなって色がはげてしまいます。そうするともう元に戻せなくなりますのでお気お付けください、

また、何度も漂白すれば落ちると思う方もいらっしゃいますが、なんども漂白してもシミは漂白剤では落ちません。染み抜きしなければいけません。

大切なお洋服、とくに白色でないものにシミをつけてしまったとき。何もしないですぐに持って来ていただくと汚れを落としやすいです。さらに持って来ていただいたときに、なんのシミなのか言ってもらえると落としやすいです。

漂白剤をつけてしまうと、落ちるシミでも落ちなくなってしまうことがあります。

また、クリーニングから帰ってきたときのビニール袋は家に持って帰ったら外して、服を収納してください。そのままにしておくと、湿気がたまってカビの原因になってしまいます。

最後に

今後の夢を教えてください。

これからもクリーニング師として一生涯やっていたいと思っています。

ずっと来ていただいている常連さんなど、商店街ならではのお客さんとのふれあいも大切にして、商店街とお店とが1日1日を楽しく過ごせたらなぁと思っています。

07.jpg

※取材日時:2010年5月
取材屋

arukoukai-8.png

上の画像をクリックで、チラシ用の ぺあもーるのチラシ用pdfファイル PDFファイルがダウンロードできます。
もし、ファイルが開けない場合は、最新版の「Adobe Reader」をご利用ください。

第8回ウォーキング:

ベストショット

2015年4月14日:第8回ウォーキング

アクセスマップ

柳瀬川駅からぺあもーるへのアクセス画像(小)

ぺあもーる事務局

2013年5月18日新着情報
25年桜ウォーキング
第4回目の「歩こうかい」を4月6日(土)に開催し200名近くのご参加で跡見学園までのコースでウォーキング楽しみました。
〒353-0006
埼玉県志木市館2-7-8
info@pairmall.com

各お店の営業日・営業時間は、各お店のページをご覧ください。