ぺあもーるTOP グルメ専門 Goa Café インタビュー記事

Goa Café

  • 店舗トップへ
  • インタビュー記事へ

ベースが違う、インドカリー。アジアンスイーツや異国のお酒も

店主アイコン『Goa Cafe』

top01.jpg

今回はぺあもーるの中央に位置する、本格カリー専門店『Goa Cafe』さまにお話を伺いました。

もくじ
  1. シェフは本場インドとバングラディシュからよんでいます
  2. ベースが違う、インドカリー
  3. 日本人向けにつくれらたレシピ
  4. 20種類のスパイスをしみこませたタンドリー料理
  5. 最後に

シェフは本場インドとバングラディシュからよんでいます

01.jpg

このお店はいつからやっているのですか。

2009年の8月にオープンしました。それまでは中野にありましたが、移転して、ここぺあもーるにやってきました。以前の中野では2004年からやっていたのでお店自体は6年目になります。

お店のスタッフを紹介して下さい。

スタッフは、オーナーの弟のティト、キッチンのシェフは2人。本場、インドとバングラディシュから来ています。

オーナーのラフマンさんはずっと日本にいらっしゃるのですか。

オーナーはもう日本に住んで20年くらいです。都内を中心に本格的なインドカリー店を経営してきました。去年の12月に出身のバングラディシュに和食屋をオープンしたので、現在はバングラディシュと日本を行ったり来たりしております。

ペアモールに『Goa Cafe』をオープンしたきっかけを教えて下さい。

オーナーの友人である不動産屋さんの社長から、ぺあもーるに面白い店をつくりたい、という話しがきました。そこで、是非エスニック料理屋をぺあもーるでもやろうということになりました。

04.jpg

ベースが違う、インドカリー

人気メニューを教えて下さい。

一番の人気は『ホウレン草とチーズのカリー』(ナンまたはライスつき1050円)です。 他にも、鶏ガラをじっくり煮込んだ『チキンカリー』はコラーゲンたっぷりで人気があります。冷凍野菜を使わず、八百屋さんや農家さんから直接仕入れた野菜を使った『ミックス野菜カリー』は、野菜本来の甘みやうまみが出て、こちらも人気が高いです。 辛いのが苦手な方には『バターチキン』などがお勧めです。トマトとバターがベースのマイルドなカリーです。

02.jpg

カリーの評判はいかがですか。

お客様には「いろいろ食べたけど、ここのカリーが一番美味しいよ」と言われます。大変光栄です。 ぺあもーるでは60歳以上のお客様もよくいらっしゃるのですが「全然胃もたれしない」といって喜んで食べていただいています。 イベントなどで屋台を出すと、「美味しかったから」と言って一日に二回くるお客さんもいらっしゃいます。

そもそも、日本の洋食屋のカレーとインドのカリーとはどう違うのでしょうか。

日本のカレーの場合「チキンカレー」「ほうれん草カレー」というと、ベースになるルーが同じでチキンやほうれん草を上にトッピングするのが定番です。一方、インドのカリーはベースにほうれん草が入っていたりチキンが入っていたりとベースの違うものをつくります。ルーの色が全然違っているのがわかると思います。 オーナーは20年くらいカレー屋をやっているのですが、インドカリーといっても、本場のカリーをそのまま日本で販売するのでは喜んでもらえません。 ですので日本で販売するときは日本人の口にあう味に仕立てています。

具体的に、本場のカリーと日本人向けの『本場の』カリーとはどう違うのでしょうか。

香辛料のブレンド具合も調整していますが、一番の違いは、油と塩です。インドでは油や塩などはあまりこだわらずに使っていますが、日本では選んだ油と塩を使っています。気候、体質にもよるのでしょう。日本人の口や身体に合うようなものを選んでいます。

日本人向けにつくられたレシピ

カリー作りのこだわりを教えて下さい。

シェフには、自己流ではなくオーナーのレシピにあわせてもらっています。以前まかないで、自己流で作ってもらったことがあるのですが、食べた後にすごく胃もたれしてしまったんです。同じ材料、スパイスなのに、です。 何故かというと調理法が違うからです。現地だと強火で早く仕上げるのですが、日本人の口にあうようにするには、時間をかけてじっくり煮込むという手間が必要になってくるのです。

20種類のスパイスをしみこませたタンドリー料理

05.jpg

他のこだわりの料理を教えて下さい。

カリーと一緒に食べるナンは、パリパリもちもちでサイズも満足のビックサイズです。 それに、なんといってもタンドリーチキンが絶品です。 うちのタンドリーチキンは骨までしゃぶっても美味しいくらい、味がしみこんでいます。 20種類のスパイスとヨーグルト、ビネガーなどに1日間つけ込んでおきます。それを専用の釜でじわじわ焼きます。 水蒸気で余分な油を落としてヘルシーに調理する電子レンジがありますね。タンドリーチキンはまさにそんな感じで、余計な油が落ちます。スパイスも、漢方なのでとても身体に良いものなんです。 スパイスは根っこや葉っぱ、茎をすりつぶしたものです。例えばターメリックという香辛料がありますが、これはウコンです。ほかにもエスニック料理で代表的なクミンという香辛料がありますが、これはとても薫り高い上に、おなかの調子を整える働きがあります。 ですのでタンドリーチキンをはじめタンドリー料理は油が落ちてカロリーが低い上、代謝を高める、非常に薬膳効果の高い料理なんです。

最後に

今後の夢を教えて下さい。

お客さんを増やして、ぺあもーるを元気にしたいと思っています。そのために東京からやってきました。 アジアのスパイスをたっぷりつかった魅惑の味を楽しんでください。

10.jpg

※取材日時:2010年5月
取材屋

arukoukai-8.png

上の画像をクリックで、チラシ用の ぺあもーるのチラシ用pdfファイル PDFファイルがダウンロードできます。
もし、ファイルが開けない場合は、最新版の「Adobe Reader」をご利用ください。

第8回ウォーキング:

ベストショット

2015年4月14日:第8回ウォーキング

アクセスマップ

柳瀬川駅からぺあもーるへのアクセス画像(小)

ぺあもーる事務局

2013年5月18日新着情報
25年桜ウォーキング
第4回目の「歩こうかい」を4月6日(土)に開催し200名近くのご参加で跡見学園までのコースでウォーキング楽しみました。
〒353-0006
埼玉県志木市館2-7-8
info@pairmall.com

各お店の営業日・営業時間は、各お店のページをご覧ください。